ミニマリストとは?なるにはどうすればいい?ミニマリストが解説

ミニマリストとは?なるにはどうすればいい?ミニマリストが解説

ミニマリストとは


ミニマリスト、というのは自分の持ち物を必要最低限に減らして暮らす人のことを言います。

かく言う私もちょうど去年ミニマリストに目覚め、今どんどん身の回りの物を減らしている最中です!

そのことから以前は趣味だったお酒のコレクションについてもお酒買取業者に買取に出す運びとなってこのサイトに記事を投稿しているんですよね。

おかげで物に執着しようという気持ちがなくなったり、部屋が広々としていて開放的な気分で生活ができたりと、ミニマリスト生活を始めて格段に暮らしが楽しくなりました!

その楽しさから、今ミニマリストになりたいと思っている方は日本でもどんどん増えているんです。

ミニマリストになるにはどこから始めればいい?


ミニマリストになるためには、簡単に言うとまず身の回りのものを減らすことが重要です。

ですが、ミニマリストになりたいと思っている方の場合、まず何から始めれば良いのか、何を捨てれば良いのかわからない方が多いかもしれません。

ここで、ミニマリストになるための3つのコツについてお教えしていきますね!

①捨てることを習慣化する

ミニマリストになりたいからと言って、身の回りの物を一気に全て捨てる必要はありません。

まずは、「物を捨てる」ということを習慣化していくことが大切になってくるんです。

例えば、不要なチラシや新聞をもらったまま部屋に溜め込んでいる、捨てなきゃと思ったまま放置しているもう着ない服や靴があるなど。

このように捨てることを「サボっている」物は、自宅を探してみると案外たくさんあるものです。まずは、これらの捨てるべきものをちゃんと捨てていくことを習慣化していきましょう。

捨てることが確定しているものは不用品ボックスやゴミ袋にすぐに入れていく。

これを続けていくことで、まず第一段階として部屋に不要なものを溜め込まない習慣づくりをすることができますよ。

②大事なものとそうでないものを区別化する


捨てる習慣づくりができたら、今度は捨てなかったもののなかで大事なものとそうでないものを区別して、大事ではないものから少しずつ減らしていきましょう。

「大事なもの」と言うのは人によって様々。大前提として貴重品や生活必需品は捨ててはいけません。仕事で日常的に使っているものなども大事なものです。

また、人によっては生活必需品でなくても趣味にまつわるもの、小さい頃から大切にしているものなどもあるでしょう。

物理的な生活ではなく、そうした精神的に必要なものもあるので、それらもしっかり区別して、大事なものは大切に残しておくことが必要です。

人によって大事なもの、そうでないものは変わってくるのでここで無理にものを減らしすぎる必要もありません。

③買い物を控える

そして、ものを減らしたとしてもまた増えては意味がありません。
ということで、買い物は出来るだけ控えるようにすることも大切ですね。

これは節約にもなるので、買い物の回数を減らすことはとても大切です。

もちろん食料品や消耗品の買い足しは必要なので、これらについてはちゃんと定期的に行きましょう。それ以外の趣味や服などの買い物を出来るだけ減らすことを意識してみてください。

最初はそれでも買い物に行きたい、と思うかもしれません。その場合2回に1回は行くのを我慢するなど、少しずつその頻度を減らすのも良いですね。

そして最終段階としては、買い物に行くのは今大切にしているものが使えなくなってから、と買い物の目的が「買い替え」になるとミニマリストにより近づくことができます!

まとめ

・ミニマリストは必要最低限のものしか手元に置かない人のこと
・ミニマリストになるにはものを捨てることを習慣化する
・大事なもの、そうでないものを区別し、そうでないものは減らしていく
・買い物を控えて家の中のものを増やさないようにする

ミニマリストになるには、身の回りの物を取捨選択していらないものはどんどん捨てていくことが大切です。

物を減らすに成功すれば、その時残っている本当に大切なものをさらに大切にすることができ、また部屋もスッキリして開放感のある生活を送ることができますよ。

断捨離についてはこちらでもっと詳しく書いてます。「断捨離したいけどできない…物を捨てられない人の特徴と対策まとめ